FC2ブログ

Scrap Shot

ARTICLE PAGE

17 2009

600 Multipla

このクルマは横から見ると「どちらが前なのか区別がつきにくい」というユニークなモデルの紹介です。(※右記参照)
1956年/FIAT600(seicento)をベースに、リア周りは共通でフロントシートを前輪の位置まで移設するという、ジアコーザならではの独創的アイデアで「Multipla」は誕生しました。(※ムルティプラ = 複数・多目的という意味)

くの字に折れ曲ったステアリング・シャフトとスペアタイヤが配置され、リアシートは折り畳むとフラット・フロアになります。3列シートの6人乗りのほかに、2列シートの4人/5人乗り仕様やタクシー仕様も存在して、66年まで生産されています。
画像は短編「トラブルメーカー」からのピックアップで、誘拐犯と社長令嬢の遣り取りを描いてますが、このストーリー自体・車のトラブルとは全く関係ございません(笑) KINGDOM/少年画報社・2000年掲載