FC2ブログ

Scrap Shot

ARTICLE PAGE

17 2009

Fighting Bull

スーパーカーブームの頃、小学生だった私にとってランボルギーニと言えば、その代名詞といっても過言ではありません。エンブレムのファイティング・ブルは、創設者のフェルッチオ・ランボルギーニが牡牛座生まれであるコトに由来しています。
65年/シャシーのみで発表されたP400は、3番目のプロダクション・モデルで「MIURA」の名が与えられ、66年/ジュネーブショーでデビューしました。元々レーシングマシンとして設計が進められたモデルでしたが、オーナーのフェルッチオがモータースポーツに関心が無く参加を拒んだ為、ロードモデルとして世に送り出される事になるのです。

048-2.jpgそして6年後の1971年/ジュネーブショーで、ランボルギーニを代表する人気モデル「COUNTACH LP500」がデビューする。(※ちなみにカウンタックとは、本拠地のあるピエモンテ地方の方言で「驚きを表す感嘆詩」なのでした)
しかし「LP500」は、ミウラの場合と異なりそのまま生産に移れなかったのです。
さまざまな不具合の表面化と経済危機で大幅に作業は遅れ、2年後に「LP400」と名を変えたプロトタイプの展示から、ようやく難産の末に市販モデルが発表されるのは、74年/ジュネーブショーになります。

その後19年に渡る長い生涯を送り、最終モデルとなるアニバーサリー(ランボルギーニ設立25周年モデル)から、1990年/ディアブロへとバトンタッチするのです。
どちらかと言えば、私はスーパーカー・ブームにハマらなかったタイプでしたが、あの跳ね上がったドアには、「クルマが特定のドライバーを選び、ビギナーを寄せ付けないオーラ」をヒシヒシと感じます。
Rosso May.2000/NEKO PUBLISHING CO.,LTD.