FC2ブログ

Scrap Shot

ARTICLE PAGE

10 2009

240GL estate

025.jpgこれまでにも色々な車に乗る様々なオーナーを描いてきましたが、このボルボに限って言えば、この様に馴染む人物を他に知りません。
塗装上面は日焼けで脱皮し、あちこち年季を感じるキズが付いて、本人も至って平気で屋根やボンネットに座ったり寝転んだりしてますが、だからといって大事に乗ってないという訳ではないと思います。

ただ「その感覚が日本人的ではない」のです。

よく海外等で見られる足として使い倒された自然な遣れ具合は、ボルボというタフな車の本来有るべき姿なのではないだろうか。良い意味で、その車に違和感なく馴染む所が、容姿を含めて日本人離れしているのだ。
勿論、このイラストも本人のオーダーではなく、周りにいる仲間達からのバースディプレゼントなのだが、そうした彼の人望もこのボルボに馴染ませる原因の一部なのかもしれない。