FC2ブログ

Scrap Shot

ARTICLE PAGE

05 2009

SL series

300SL COUPE [gull wing]の浮世離れした独特のスタイリングは、やはりオーナーを選ぶ圧倒的な存在感があるのだ。

領事を勤める傍ら、ダイムラー社のディーラーも経営してたエミール・イエネリクのバックアップでダイムラー35PSが開発され、思い入れの深かったこのモデルに、当時11才だった愛娘の名前「メルセデス」と名付けた。
1954年に市販化された300SLクーペは、特殊なフレーム構造からガルウイング式のドアとなるが乗車が不便だった為、57年・フレーム変更されて300SL ロードスターとなりクーペは57年5月に生産中止となる。

023-2.jpgその一方で、極力コストダウンした廉価版の190SL(左記イラスト)が、英国製スポーツカーの対抗馬としてデビューした。
ほぼ半額という安価も手伝って特にアメリカ市場で人気を呼び、'62年までに26,000台弱(300SLの約8倍)のヒット作となっている。
実は過去に、190SLに乗せて頂く機会があったのですが「あの50年代を走ってた音や、否応無しに注目されてしまうスタイリングは、まさに私のイメージするのスポーツカーの姿なのです
Rosso jun.2000/NEKO PUBLISHING CO.,LTD.