FC2ブログ

Scrap Shot

ARTICLE PAGE

27 2013

Mrak2

165.jpg前回ミッションオイルを交換してから一年経つので、頻繁に乗らなくてもそろそろ換え時と考えて、本日いつもお世話になってるTICKLE様へ伺いました。
そこで、メンテナンス中だった後期型となる160GS Mk-2のオーナー・O村さんと約11年振りの再会です。
あの頃の昔話に花が咲き、懐かしさでついつい長話してしまいました。旧車は一度手放すと、なかなか同様のコンディションでは巡り会えないので、ずっとGSを手放さずに所有してる情熱を羨ましく感じます。
このパッテリー点火のGSは維持管理が大変で、あまり乗らないとすぐ上がってしまう6Vバッテリーは、弱ってくると急に止まってしまったりエンジンが掛からなくなります。その為、乗る前日のチャージが不可欠ですが、このモデル独特の丸みを帯びたヒップラインの魅力は、その手間を差し引いても所有欲が勝ってしまうのでした。

関東方面に旅立った自分の160GS Mk-1(前期型)は、その後どうしているだろうと思いつつも、また機会があれば本調子に戻ったO村さんのGSとツーリングへ行くのも楽しそうです。